高島昇

油絵シリーズ

高島

★トップへ戻る
   

        作者プロフィール


       島  昇 (雅号 天空)

1956   広島県双三郡三良坂町、中国山地の山間に生まれる。
      小さい時から山と川を友として育つ。

1979    画家を志し、武蔵野美術大学造形学部 油絵学科を卒業する。

     ・結婚し美術教師として力を注ぎ制作活動は一時中止する。
     ・子どもに手がかからなくなり、制作活動を再開する。
     ・山々を歩き、富士山の絵を描き始める。
     ・「麻田鷹司」の金箔を施した日本画に魅せられ日本画を独学で学ぶ。
     ・日本画の顔料を使った独自のアクリル画の世界をつくる。
     ・コンピュータによる作画を始める。
     ・油絵による制作を再び始める。
     ・山にアトリエを建て、木を素材にした立体作品の制作を始める。

1995〜  蒼騎会            会友(95〜99)
      第37回蒼騎会奨励賞を受賞する。

1999〜  JIAS日本国際美術協会 会員(99〜04)
      パリ国際サロン 創立会員
      個展 3回(95・00・03)
      グループ3人展(98)

2002〜 ザッキエコール(絵画研修会)に参加  ザッキ氏に師事(3年間)
     *ジャン・マリ・ザッキ(ル・サロン名誉会長)

2020  「第25回 日本の美術 全国選抜作家展」に「墨象画・道化師」を出品

現在  東京美術協会 会員 年一回作品を発表しています。

          
吉祥富士 (富士山を描く)

山のきらめき

油絵シリーズ

コンピュータによる作品

曼陀羅画の世界

Photoshop で遊ぼう

芸術雑感

絵画研修会ザッキエコール

山から見た富士

富士山写真集

プロフィール

リンク集 
★TOP プロフィール
Copyriht(C) プロフィール All Rights Reserved 
当サイト内の文章・写真・デザインの無断転載は禁じます